資格取得の勉強方法について

通学と在宅で資格勉強する際の注意点とは

資格勉強を通信教育で学ぶ場合のメリット

資格勉強を通信で学ぶ場合のメリットは、在宅にはなりますが、独学と同じところは、自分で勉強することです。
違うところは、テキストが自宅に届くため、自分で探す必要はありません。
また、講義の動画を見ながら勉強する事もできるため、質問はできませんが、通学と似た形で勉強する事ができます。
通信では、独学と同じメリットがあります。それは、場所を選ばずできる事です。
また、時間も自分のペースで始められる事も独学と同様にメリットになります。
通学と同じメリットもあります。テキストは学校が指定したものを使う事ができることや、法改正などの必要な情報も講座のサイトで確認できる事です。
一番のメリットは、費用が比較的に安くできる事だと思います。

資格勉強を通信教育で学ぶ場合のデメリット

資格勉強を通信で学ぶ場合のデメリットは、独学同様の理由が多くあげられています。
一つ目は、一人で孤独に勉強する事です。一人だと集中しやす事もありますが、孤独感を感じてしまう事もあります。
また、勉強のペースは自分で行えるのがメリットにありますが、勉強のスケジュール管理をしなければ、やらなくなってしまう事も独学と同様にデメリットです。
通信でテキストが送られてきますが、通信講座によっては、テキストがわかりにく、説明がわかりずらいなどのデメリットもあります。
また、わからないことを質問できるため、独学に比べたらメリットになりますが、講座によっては、質問の回数が限られている事、返答が遅いなどのデメリットもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る